大関西人『黒人は被害意識がある一方、白人は加害意識がない。慎と妃の関係は、それと同じ事。』

- 慎(シン。- ― 松本、死亡。 それを批判する、和田(飯塚)も死亡。 皆、死んだように黙った。 静まる世界。 sin

妃(kisaki)

- 慎(シン。- ― 出来るだけ、普通に 生きる事を願うナース、妃(きさき)。 彼女の使命は、この世に やってきた〝何か〟をあの世に返したり、 抹殺(始末)することであった。 sin

ブス(病気/障害)

- 慎(シン。- ― 矛盾だらけの世界。 鈴(rin)は、ナノマシンの機能を 100%使える、上位層。 彼女は元はブスだったが、 最下層に在住する美人と、 精神を入れ替えていた。 過去の自分を葬ると同時、 最下層を滅ぼした。 sin

死人は死刑執行人ではなく死神人間のことです

sin

零落者

- 慎(シン。- ― 未裕 を、犯さず殺した。 非処女 って、キメェな。 (滑瓢も、オクトパス?) さあ、どうでもいいな。 sin

雑キャ

- 慎(シン。- ― 俺は、妃に負けた。 しかし、彼女を殺せた。 sin

歌唱力って生まれ持ったもんでっし、奇跡なんてただの運じゃけ。

(音楽とか。 業界の面接官とか 審査員気取った連中居るけど、 結局皆恋の歌ばかり。 そういう連中こそ、 感情も中身も個性もねぇ普通な奴らだろ。 まあ、俺も大きい括りでは普通か。 そういう時ばっかり。)

死人(原理は不明だが、体を自由自在に何にでも変換出来る。)

(妃は人間だった頃は貧乳だったが、 死人になってから巨乳になった。)

小百合(小○百合子の略称、蔑称兼愛称である。)

- 慎(シン。- 俺は、小百合を犯しまくる。 「おへぇ♥おへぇ♥きもぢい♥もっとくれぇ♥」 と、下品な求愛をする彼女。 「オラッ腰振れッもっと気持ち良くしてみろッ」 「おほっ♥おほおぉおお♥」 「トンキン都民と俺どっちが大事だ?」 「チンポ様ですぅうう♥巨…

希望ヘリントン

- 慎(シン。- ― ある世界。 白虎党の残党ビリーは、絶望の党を立ち上げた。 彼は、黒猫⇒黒豹へと変わる事が出来る獣人。 人獣/白猫(白虎)の遺伝子を、自らに組み込んだのだ。 白で駄目なら、黒で行くのだと。 そして、自らが極左を演じる事で、 今度は、人…

虚容無形

- 慎(シン。- ― 俺は、俺が書いた話の主人公(達)のようにはなれない。 今日の俺は、廃墟ではなく洞窟にいた。 そこで、暮らしていた。 廃墟もそうだが、荒らし(Ares)に来る奴は居る。 俺は、コウモリを捕まえ、食っていた。 sin

遠山の銀さん(英題:Silver End)

- 慎(シン。- ― 銀さんは、俺の元教師。 イジメこと校内暴力、見て見ぬフリをしていた。 やり返しても良い、と、1度は声をかけたが、 仲裁でも何でもないので、シカトこと無視した。 むしろ、ムッというか、ムカッとした。 俺が行動してから何か言うなんて…

- 慎(シン。- ― 美人で天才で、 それゆえに健常者から超越者になった、彼。 俺は、真逆だ。 俺は今まで、そういう連中と出会ってきたし、 コケにされたり、眼中外だったりした。 それゆえ、見て見ぬふりもあったし、 助けられても、屈辱だった。 しかし、奴…

なんでもないは、なんかある。

- 慎(シン。- ―(ああ、きめえ。) と、自分の大小便を流す。 また、流しきれてなかったな、誰か。 (俺のクローンは大小便しなくていいから、いいよな。) sin

死章

- 慎(シン。- ・広長タクミ(Takumi Hironaga) シンのクローン。 ・藤村のあ(Noah Fujimura) シオンのクローン sin

明鏡死水

- 慎(シン。- ― 死人の死体は、死水の塊である。 2人(マナベ&ワタナベ)は、 カプセルに擬態した死水を飲み込んだ。 死水はミミズ型な事もあって《シニミミズ》と呼んでいた。 漢字で書くと、《死身水》。 文字通り、死身をなす水だからな。 マナベはレッド…

人間原理主義(人間至上主義)

- 慎(シン。- ― 白から、銀になる。 そして、彼らは今日も、 エコロジストや共産主義者や テロリスト等を、殺し回っていた。 仕事を奪わない為か、犯罪者は 意外に、警察に任せているらしい。 役割分担、というやつだな。 sin

悪党(ヴィランズ)

- 慎(シン。- アイロンマン「さて、妬み嫉みの貧乏人を駆除しに行きますか。」 スッパガール「環境破壊、環境汚染、最高!ヒャッハー!」 等の、モブに崇拝されしヴィランを殺す。 (シンちゃんは、虐めっ子や毒親に立ち向かえる数少ない英雄。) sin

独房にて

- 慎(シン。- ― 俺は、やはり、 暴れ、2人組に押さえつけられた。 そして色々あり、独房に居た。 「あはは、そうなんだ。」 と、彼女達と談笑。 ぎこちないが、楽しい。 sin

ネトウヨ(ウイルス)

- 慎(シン。- 『こいつ、脳みそ何かのウイルスに感染してんの?』 『確かに、ばい菌が繁殖してそうだなw』 『寄生虫ついてそう(笑)このパラサイトが(笑)』 『悪霊に憑依されてんじゃね(笑)ぎゃはは(笑)』 『引きこもりはゲームばっかで楽でいいよな(笑) 犯…

Death Killer(デス・キラー)

・慎(Shin/Sin) 主人公。(真) ・小山田(Koyamada/Oyamada) 主人公。(笑) sin

キャップ燃え

- 慎(シン。- ― 昔の事を思い出しながら、ヤる。 今とのギャップに、燃える。 sin

奇形と言う名の奇跡。

- 慎(シン。- ー 何故、俺が蜂の死骸を 握りしめていたのか。 分からない。 しかし、俺の人生、こういう事ばかり。 不気味で、不思議なもんだ。 sin

復讐劇と救出劇

- 慎(シン。- ― ハッ。 「夢か。」 「夢じゃないですよ。」 俺は、シオンに膝枕されていた。 「ああ・・・」 と、彼女の胸に顔を埋める。 「助けてくれたの?」 「はい。」 「そうか・・・」 愛と《L.O.V.E.》も、俺達を見守る。 sin

ロクさん

ロクは、髪に隠れているが、 ✡が首の後ろに描かれている。 それが何をするのか。

Pcyborg Sex(サイボーグ・セクス)

Pcyborg・・・彼らは、殺し屋集団。 サイボーグ・アサシンな彼らには、 〝主〟と〝従〟が居る。 主は、戦いの末、全てを機械化。 体を失い、心まで失いかけている。 そして、従は、まだサイボーグの段階。 彼らは、魔神(machine)の力を借りて Pcyborgになりなが…

ある世界にて

― 小人症として虐げられていた、西紋フロド。 彼を差別していたのは、有吉アラン。 彼の変死体が発見された。 「君、何か知らないか?」 「さあ。」 俺が殺した。恩返しに。 しかし、先生は、悲しそうな顔をしていた。 sin

麻生英秋(ギャグ漫画家)

- 慎(シン。- 俺は、ギャグ漫画家の愛する美人嫁を殺した。 「嫁を殺された事を自虐してみろ。」と言い、殺した。 「させねーよ!」 カウンセラー(♀)によると、 俺の心は割れたコップのようなもの。 岸本卓志『欠けた月ならぬ、欠けた坏(笑)』 三浦隼人『シ…

○本人○

- 慎(シン。- 紫苑の住む世界は、 パロディに厳しかった。 俺のように、○本人○を殺せば、 漫画やアニメであっても、 高額な出演料を支払わなければならないそうだ。 sin

ファットウーマンとリトルガール

- 慎(シン。- サンダーバード、隆生。 フェニックス、望実。 sin