いわゆる、ツケが回って来た(SIN。

f:id:ipreferlucifer:20160203145406p:plain

――――、逃亡生活(篇。

慎:ぐはぁっ、はぁっ。

慎は、逃げて居た。

追われているのだ。「罰(邪鬼の邪眼の邪視による呪縛)」に。

それにより、ヒーローにもヴィランにも、アンチヒーローにもダークヒーローにも、

狙われる、孤独な存在となった。

慎:うぐ。

倒れる。

慎:ハァハァ。

すると、超高速でこちらにタックルを決めて来ようとする、

猪とか犀みたいな見た目をした、男、イノセンス(マモル・イノセ。

慎:ぐあっ。

パァンッ。地面を叩く。

「グワハハハ」

ドォンッ(地面が超硬く拳型に盛り上がり、猪犀マンの顎にゴォンッ。

「ブルゥッ」

猪犀マン、ダメージを吸収し、拳を破壊。

「ガルァッ」

ガブゥッ。

慎:うぐぐ。

慎は、念力でギリギリ噛み付かれずに済んだ。

「グブルゥッ」

すると、猪犀マンの目が赤く光、目からビーム。

慎:うわっ。

イナバウアーし、避ける。

ながら、頭から地面へと潜った。

すると、蛇蜥蜴マンに先回りされており、

腹を貫かれる。

慎:あぎゃあっ。

どぉんっ。

俺は、宙を待っていた。

すると、二人(獣人)が、瞬殺される。

したのは、ヘラクレス(神人。

慎:ああ・・・。

「ウォラァッ!」

ドォンッ。

街を破壊するほどの威力で、俺を殴りつける。

慎:・・・。

俺は、勢いよく、殴り飛ばされた。

雷に打たれながらも、雲を貫き、宇宙へ...。

慎(報いなのか。

sin