黒神(クロノア。

f:id:ipreferlucifer:20160219114325p:plain

邪神(無神。

――――、世界改変篇。

朝起きたら、世界が変わっていた。

慎:・・・。

俺には、彼女が居た。

「佐和子」という。

慎:佐和子ちゃん。

「あっ・・・」

ズププ。

パンパンパンパン。

慎:ハァッハァッ。

「ああっ、シンくんっ」

俺は、色々あって、三次元に逃げた。

いや、三次元というより、佐和子に。

慎:ハァッハァッ。

何が現実か分からなくなった。

何だかんだ言っても、現実とのバランスは不可欠。

家族だとか。多分。

けれど、家族が居なくて、俺は一人暮らしという設定になっていた。

慎:ハァフゥ。

パンパンパンパン。

現実が何か分からないという事への、現実逃避が如く、

現実でも妄想でもあり、よう分からん、性行為に浸っていた。

相手を気持ち良くする為でも、子作りでもない。自慰だ。

【最近多い、過去にタイムスリップして、

織田信長が絡んで来る系なら僕らがやった。(^-^)】

(私はやってない。)

【無罪だけに。無実食ったもんね。】

慎:ヒィヒィ、フゥフゥ。

(いつまでやってんの。)

【わはは。】

【池永チャールズトーマスはフィリピン人だったか。でも、

フィリピン人とのハーフ多いよね。

フィリピン人ハーフが悪だとは決して思ってはいないけど。

ドイツ人とのハーフも居たなぁ。

所詮、どう理由付けしようと、全ては、無人ベースだからさ。】

慎:全ては、脳の錯覚、現実なんて人によって違うし、足らない脳の思い込み。

【ルールやマナーなんて、あってないようなもの。思い込み。偏見。】

(だから、シンちゃんは苦しんでる。)

【自分を、愛から守る為に。自分を、憎しみから守る為に。】

sin

広告を非表示にする