「そうそうそう。 乱交プレイの途中です。えひ。」

f:id:ipreferlucifer:20160219210535p:plain

――――、パンパンパンパン

「んっ♡むぶっ♡むちゅ♡べろべろ♡」

佐和子は、もう佐和子ではなかった。

救いに来たつもりが、何か萎えた。

「ぐはぁ、佐和子ちゃん。おー、良いっ。そこだっ。

もっと、舌を入れてっ、そうそうっ!」

「がははは、吸い付きハンパネェべさ。」

「おじさんのピーッで、佐和子ちゃんのピーッ孕ませてあげちゃうよっ。」

「ケツもいいぞォーッぐわはははっ」

パンパンパンパン。

「あはぁっはぁっ♡おじさま達、最高♡」

と、佐和子。

俺は、颷と共に、それを見ていた。

慎:・・・。

「乱入プレイしますかも?」

慎:いや。

俺は、去った。

慎:キモイな。

斬殺してやろうかと思ったが。

「・・・。」

颷は、変身を解いた。

狼:ゲビヒヒ、ヘタレチンコちゃん(笑。

sin