人助太刀。

f:id:ipreferlucifer:20160307001654p:plain

持たざる者、それが、無人、だから与える。

――――、ヴィランズ(超能力悪用団体←そういう無体

「予知した。」

ジョンやクリスらは、普通の事件・事故などを予測(予知、

人助けをしている内、自分達と同じように、

超能力を持った人間(超人←言うまでもなく、無人)を見つけた。

「あ?ンだテメェら?また、ヒーローズ か。殺してやるぜ。」

此処最近、ホームレスの変死体が発見されていたが、

その犯人が、それだった。

「カカッ、今度のヒーローはコスプレちゃんじゃねェみてェだな。」

しかも、世界中にヒーローは居て、

以前にヒーローを殺した事あるみたいな発言。

「なんて事を。」

「全くだぜ。」

と、二人(コンビ。

「俺ァ、ホームレスハンター。

無人狩り してんだよ。」

すると、念力を遣い、ジョンとクリスを圧殺しようとし始める。

「うッ」

「ジョンっ」

ジョンは、ホームレスハンターに憑依し、能力を解いた。

「・・・」

と、ハンター。

「ふぅ。」

「危なかったな。」

「うん。」

「コイツ、どうする。殺すか。」

「いや、彼は、ヴィラン

けど、なら、ヒーロー へと、生まれ変わらせる。

今後は、ヒーローになって、償うんだ。」

と、ジョン。

「はい。」

と、元ハンターは、飛んでった。

「お前は、優しいな。」

「いや、彼は今後修羅場に直面するよ。

死んでた方が楽ってくらいの。

その時は、共闘したいね。」

「お前、俺に(無意識)にシンクロして、

未来予知してねーかよ。」

「あ、ごめん。」

「ま、いいけど。」

sin

広告を非表示にする