(お兄ちゃんが彼を好きな理由、私にも分かるよ。)

f:id:ipreferlucifer:20160402110908p:plain

――――、須佐部屋

須佐部屋には、死体が山積みだった。

「私が、守りますから。」

慎:うん・・・。

sin