色仕掛けの神。

f:id:ipreferlucifer:20160420043600p:plain

――――、須佐部屋

「やっぱ、手出ししないか。」

慎:俺は、善でも悪でもない、人道を歩んでないし、外道でもないのさ。

「だから、浮気セックスできない、か。君らしいよ。

現実も虚構も超越して、更なる高みを望み、臨みたいのかい。」

慎:どうかな、前に言ったように、俺は愛憎なんだ。

「いや、哀憎、だよね。」

sin

広告を非表示にする