サルヴァトーレvsシン。

f:id:ipreferlucifer:20160509163516p:plain

猿も人も、無翼、だからこそ、比翼になりたい。

――――、ニホンオオオナザル

 慎は、猿とパコッていた。

 アメリカクソメスザル(メアリー)と。

 「うきっうきぃっ」

 パンパンパンパン。

 慎:ふんがっふんがっほいっほいっ。

「猿を代表して言うけれど、

なかなかつながれないからこそ、

理解しがたいものだからこそ、

孤独だからこそ、つながれた時嬉しいんじゃないか。」

慎:聞き飽きた。

「こっちこそ。」

慎:それ言うたら負けでっせ。

「ばい。んでも、じゃあどうすればいいのさ。」

慎:何もするな。

sin