読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚ろ眼

(ゼロ。

混血児童(ハイブリッド。

f:id:ipreferlucifer:20160420043600p:plain

・慎(まこと。

イケメンじゃ無いし、性格が良い訳じゃ無いけど、モテモテ。

主人公ではなく、それすら操る、カタり部長(いわゆる、神様)である。

――――、伊佐部屋

【ミスター慎にフラれてしまったよ。】

「そうかい。慎君からしてみれば、

この世のあらゆるものは、モブだ。

例え、主人公(ヒーロー)と言い張っても、

悪人公(ヴィラン)だと言い張っても。ね。」

とカタりながら、僕は、

ドスコイ君(元々アイドルファンだったがクソビッチだと判明し、二次元へ)、

バンダナ君(元アニオタ今は普通の彼女が居る、しかも、三人目)、

ガリ勉君(対物性愛者であり、紙とペンが好き、消しゴムは嫌い)と、ポーカーをやっていた。

「ポーカーフェイス(ニヒリズム)なら、得意さ。(´・_・`)」

すると。

「勝ちでごわす。」

「やったゼ。」

「や、やった。ご、ごめんよ、慎氏(まこっち。」

やれやれ。でもま、いっか。

「にひひ。( ´▽`)」

sin