読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚ろ眼

(ゼロ。

※この物語はフィクションです。(予防線)

f:id:ipreferlucifer:20160904011351p:plain

----------------------、NTR(SIN)

これは、番外編。

慎:今日も犯しに来たぞ、今日のサイズは何時もの2倍。

と、慎は、岬 奈美恵(40代)にいう。

「あ、あたし・・・」

と、岬(仮)。

慎:なんだよ。

「反省してる・・・自分のやったこと・・・

そして、やること・・・あたしは最低の人間ですから・・・」

慎:じゃあ、尚更に許す訳にはいかねぇな・・・お仕置き だ。

慎は、岬を脱がし、押し倒す。

慎:お前のイケメン夫の粗チン(20cm)じゃあ届かない場所まで、犯し尽くしてやる。

岬のアソコは、何だかんだで、疼いていた。

慎:お前らが、何をしたか・・・ッッッッ!!。

ズゥンッ。

「んほォッ♡」

慎:子供に聞こえるぜ?ククッw。

ネトラレ夫(岬 直太朗)は、慎に既に殺された。

sin