読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚ろ眼

(ゼロ。

夜這い寄る混沌。

その夜。

フィクション!

嚔が止まらない。

「膝が!」

僕は、彼女の部屋に侵入した。

「すやすや。」

寝てる、女子先輩(本名、三香)。

「まるで、天使(ミカエル)のような美しい寝顔だ。」

ガシィッ。

「ん?」

起きる、先輩。

僕は、彼女を拘束し、ガムテープで口を塞いだ。

「む!?」

パンパンパンパンパンパンパンパンッ。

無言で、レイプ。

「エイプリルフールはまだ続いてますよ。」

中出し。

「ひう。」

と、僕。

「種付け完了!」

しかし、彼女が後のミカエル

sin

広告を非表示にする